特集【 泉橋酒造の「春夏秋冬」】

大島の山田錦 @相模原市
大島の山田錦 @相模原市

「酒造りは米作りから」のコンセプトで知られる神奈川県海老名市の泉橋酒造。この地で農家と酒蔵が一体となって造られる「いづみ橋」の一年を取材し、紹介します。

 

◆まず春夏秋冬の季節ごとの作業現場を写真で紹介。

蔵元・橋場友一さんへのインタビューは全5回の連載で。

◆現場に従事する蔵人さんへのインタビューも季節ごとに掲載します。


泉橋酒造の「夏」~田んぼ巡回から、猛暑の中の除草作業まで~

泉橋酒造の「夏」号では、まず7月に行われた さがみ酒米研究会の圃場巡回の様子を。

 

そして8月。猛暑が続く中で生長する海老名の田んぼや、春号で田植えを紹介した「大島の山田錦」の生長を。

 

また、除草作業に従事する蔵人たちの姿をお届けします。

 

【目次】

1.「さがみ酒米研究会」の圃場巡回

2.夏の田んぼと酒蔵風景

3.大島の山田錦

4.除草、除草、除草!

 

【その他の記事】

◆ さがみ酒米研究会・会長の池上貴明さんに聞く「ソボクな疑問! 一問一答」

 

◆ 雄町の定点観測@海老名


泉橋酒造の「春」~種蒔きから田植えまで~

「春」特集では種蒔き(播種)作業から田植えまで、そしてその間の田んぼの準備の様子をご紹介します。

 

【目次】

1.田んぼに春が来た ~荒起こし~

2.温湯消毒/播種/育苗

3.イベント「田植え会」

4.代かき・田植え@大島

5.梅雨明け

 

【その他の記事】

◆ 雄町の定点観測

 

◆ 連続写真で見る「ちいさな田んぼの田植え」

【蔵元インタビュー】泉橋酒造 橋場友一さん

「さがみ酒米研究会」を発足させ、いよいよ地元・海老名の農家さんと共に歩み始めた泉橋酒造。

 

まもなく訪れた焼酎ブームによる逆風にも負けず、次に目指すは「オール純米蔵」! しかし、こだわりを持って造ってきた「80%精米」酒は普通酒扱いだった・・・。

 

そんな時、またも法改正が! そして酒屋さんとのご縁から生まれたヒット商品も生まれ、「いづみ橋」は次のステージへ!!


蔵に戻った当時「危機感しかなかった」橋場さん。酒の流通システムが大きく変わっていく時代、現状打破のために打ち出したのが「地元農家との酒米共同栽培」という方向性でした。

 

今でこそ「栽培醸造蔵」として広く認知される泉橋酒造ですが、そこに至る道のりは代かき後の田んぼのように平らなものではなかったようです。


《橋場 友一さん》

慶應義塾大学卒業後、証券会社に入社し3年間大阪に勤務。震災を機に蔵に戻り、六代目蔵元となる。

 

インタビュー第1回では海老名の地で脈々と続いてきた農業と、その中で産まれた酒造り=泉橋酒造の在り方について伺いました。蔵に戻った若き日の橋場さんが、業界の変革期に感じていた危機感とは!?

【蔵人インタビュー】泉橋酒造 川邊光朗さん

営業企画部に所属する川邊さん。その仕事は多岐にわたり、農業・醸造・営業業務を横断的に繋いでいる。本人も「繋ぐ」ことを強く意識しており、同僚からも頼りにされる存在の “司令塔” に聞きました!


【蔵人インタビュー】泉橋酒造 犬塚晃介さん

蔵人・犬塚晃介さんが泉橋酒造に入社するときのこと。さがみ酒米研究会に属されている農家さんのことや、田んぼごとに違う個性を持つお米と麹造りの関係などについて伺いました!