かながわ酒&農マガジンgoo-bit(ぐびっと)は、神奈川の「旨い!」を創り出す日本酒/農業/クラフトビール生産者の「信念と情熱」を紹介するフリーマガジン&webサイトです。

 

かながわ酒&農マガジンgoo-bitとは

残暑の夕空 @ 海老名市
残暑の夕空 @ 海老名市


泉橋酒造の「夏」号をUPしました ~特集【泉橋酒造の「春夏秋冬」】より~


特集【泉橋酒造の「春夏秋冬」】について

 

「酒造りは米作りから」のコンセプトで知られる神奈川県海老名市の泉橋酒造。この地で農家と酒蔵が一体となって造られる「いづみ橋」について、平成30年(2018年)春から31年(2019年)冬までの1年を追いかけて参ります。

 

その様子は、「泉橋の春夏秋冬」特集として季節ごとに4回アップ。春の苗作りから冬の酒造りまで。現場に従事する蔵人への「蔵人インタビュー」と写真で紹介。

 

そして六代目蔵元・橋場友一さんへの「蔵元インタビュー」を全5回に分けて掲載します(各回の内容・掲載時期は下記のとおり)。 



【第1回】掲載:2018.5.27 蔵元インタビュー「始まり」

 

【第2回】掲載:2018.7.28 蔵元インタビュー「栽培醸造蔵への道」

 

【第3回】掲載:2018.10.7 蔵元インタビュー「オール純米蔵への道」

 

【第4回】掲載:12月「泉橋酒造の秋」特集内「山田錦と楽風舞」

 

【第5回】掲載:3月「泉橋酒造の冬」特集内「これから」

 

※最終的に全記事を再編集の上、フリーマガジン「かながわ酒&農マガジンgoo-bit」第5号として2019年の初夏頃に発刊します。



《神奈川の日本酒/農業/クラフトビール記事はココから》

日本酒を造るのも、ビールを造るのも、農業の恩恵なしには成しえません。この二つの「造り」を支える農家。そして、その農家から渡されたバトン=農産物をしっかりとうまい酒、ビールに繋げていく醸造家たちの声をぜひ聞いてみてください。「うまい」だけではなく、「想い」だけでもない。神奈川の日本酒・農・ビールをつくっているのはこんな人たちです。

神奈川の日本酒

神奈川県内には13の酒蔵があり、それぞれ特徴的な造りをしています。記事を通じて造り手の信念を伝えてまいります!

マチナカの「こんな所に農地が⁉」といった都市農業から中・大規模農業、市民農園まで様々な農を紹介します!

神奈川のクラフトビール

今やブームを超えた存在の「クラフトビール」。麦芽、ホップ、水と酵母に情熱を注いで完成する世界がここにある!