泉橋酒造の「冬」

麹造り @ 泉橋酒造
麹造り @ 泉橋酒造

昨年5月に種を水に浸けた瞬間から、一時も止まることなく生長し続けてきた山田錦、雄町、亀の尾、神力、楽風舞! これらの酒米がいよいよ収穫の秋を迎えました。

 

今回の特集では出穂から稲刈りまで、美しい田んぼの風景をメインに「神奈川の秋」をお伝えします。

 

蔵元・橋場友一さんへの「蔵元インタビュー」は第4回を掲載。山田錦と楽風舞について伺いました。また「蔵人インタビュー」では栽培醸造部の高橋靖拡さんに、「酒造りの魂」ともいわれる精米について詳細にお話しいただきました。



【ある日の酒造り 目次】

 

1.米を蒸す

2.麹を造る

3.酒を搾る

4.その他

【その他の記事】

 

1.雄町の定点観測

2.冬期湛水

3.酒蔵見学会レポート




9月9日、海老名を中心として各種の酒米を見て回りました。

これらの全てが同じ日に撮った写真です。

 

 

それぞれの品種が夏の青々しくエネルギッシュな状態から、徐々に生命の結晶たる「種」に変わろうとしていました。

(1) 雄町の花が咲いた。
(1) 雄町の花が咲いた。

(2) 出穂した座間の神力。やはり高い!
(2) 出穂した座間の神力。やはり高い!

(3) もうかなり生長した海老名の楽風舞。
(3) もうかなり生長した海老名の楽風舞。

(4) 蔵の前では、早生の亀の尾が収穫を待つ。
(4) 蔵の前では、早生の亀の尾が収穫を待つ。

(5) 夕陽に照らされる山田錦。
(5) 夕陽に照らされる山田錦。